ブログ | 日本ワイヤーアートデザイン協会 顧問 大城明美のブログ - Part 2

日本ワイヤーアートデザイン協会 顧問 大城明美のブログ

ワイヤーアートデザインや天然石、プロ養成コースを中心に協会や大城明美の活動をご紹介します。

TEL.03-6420-0666

〒141-0031 東京都品川区五反田1-29-2-5F

一般社団法人 日本ワイヤーアートデザイン協会 事務局

ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ブログ一覧

【沖縄】認定ベーシック、アドバンス開催決定!

事務局です。

【沖縄】認定ベーシック、アドバンスの開催が決定いたしました!

日程はベーシックが2015年11/17(火)18(水)、

アドバンスが2015年11/19(木)、24(火)25(水)26(木)です。

 

ワイヤーアート認定コース大城明美オリジナルデザインです

ワイヤーアート認定コース大城明美オリジナルデザインです

詳しくは認定コースのページへどうぞ

http://jwad.jp/license.html

ご参加お待ちしております!

2015年10月の認定コースを締め切りました

いつもありがとうございます。事務局です。

ワイヤーアート認定コースにつきまして、
下記のコースを受付締切とさせて頂きましたことを、お知らせいたします。

●2015年10月11日・12日 ワイヤーアート認定ベーシックコース(東京)

 

2015年開催予定となっておりました
ワイヤーアート認定アドバンスコースは来年開催となります。

ぜひご参加をお待ちしております。

(事務局投稿)

 

東京トライアル、1DAYレッスン開催しました(事務局投稿)

事務局です。
今日は、トライアルコースを東京で開催しています。

大城先生の教え方は本当に丁寧です。
一人一人の手の動かし方の癖を見抜き、
その方に合わせた作り方を教えてくださいます

20150912-13
ワイヤージュエリーを美しく作るには、基礎技術がとても大切です。
先生に基礎を学ばず上級コースに参加される方の中には、
すでに妙な癖がついてしまっている方もあり
度な技術の仕上がりに苦労している方もあります。
そんな経験者の方は、
今回のような基本を学ぶ講座に参加されると
「今まで、綺麗に仕上がらなかった原因がわかって嬉しい!」
と喜んでくださいます。

今回も、皆さんの作品の出来上がりが楽しみです!!

(事務局投稿)

アクアオーラを調べてみました【事務局コラム】

こんにちは、事務局です(^^)/。

大城先生が沖縄で「天然石の勉強会」を開かれましたように、
ちょっと気になる「天然石」の世界。
今日は「アクアオーラ」を調べてみましょう。

oshiro-1

↑アクア=水と言えば、水辺にたたずむ大城先生。
涼やかな空気に癒されますよね。
私たちの暮らしに欠かせない、エレメントでもあります。

 

天然石の中でも、熱処理などによって色合いを調整した石が販売されていて、
アクアオーラもそのひとつなんだそうです。
それはどんな加工なのでしょうか(‘ω’)?

またもウィキペディアによると、
水晶を871℃~1600℃に加熱して、表面に金の蒸気を加えたものなんだそうです。

金!
ですか!!
意外ですね、だってアクアオーラといえば青や虹色じゃないですか?Σ(‘ω’)

aqua_aura
↑こういう感じ

この「加える」というのは、金の粒ではなくて、
蒸気となってイオン化した金の原子が、水晶の表面にぴっっっったり張り付くそう。

金も天然の鉱物なので、ほとんど天然石と言っても良いような気がしますね。
(注:スタッフSの主観です)

どうしても加工の具合にこだわりたい方は、
天然「色」かどうかを、購入時に確認すると良いかもしれませんね。

 

実際、ヒーラーの方にとってアクアオーラは

・インスピレーションを高める
・エネルギーを純化してくれる

と好評なようです。

お値段的にもそれほどお高くなく、傷つきやすいラピス等と比べても扱いやすいので、
ワイヤーアートにもおすすめです。

 

次回はもう少し、加工技術について調べてみましょうか。
(事務局スタッフ投稿)

ワイヤーアートの天然石とは?【事務局コラム】

こんにちは、事務局です(^^)/。

大城先生が沖縄で「天然石の勉強会」を開かれましたように、
ワイヤーアートと天然石の関係は、切っても切れないものですよね。
また皆様の関心も高いのかな、と存じます。

そこで事務局スタッフもお勉強しようと、天然石について調べてみました。
ご一緒に楽しんで頂ければと思います(^^)

大城明美オリジナル作品

↑大城先生の作品「フレア」。
表も裏も同じように仕上がるのが特徴。それって意外と難しいんですよ!

【天然石】
まずは定番、ウィキペディアから調べてみましょう。引用です。

「天然石(てんねんせき)とは、本来は人工的に合成されたもの以外の鉱物や岩石の漠然とした総称。
科学的な定義はなされていない。

文字通りには道端の石でも石綿でさえも天然石と言える。(中略)宝石と呼ぶほどの価値はないが、
装飾目的として建材や半貴石に利用できる石に対して、商業的な価値を与えるためにこの呼び名を
用いられる。

一方、しばしば定義や不思議な効能に関する疑似科学的な説明がつけられ、原価と釣り合わない
高値で市販されるケースがある。この場合、しばしば「パワーストーン」の同義語として扱われる。

天然石として販売されている石であっても、熱処理や放射線処理によって
色調を変化(エンハンスと呼ばれる)させたものや、
アクアオーラのように蒸着処理を施したもの、あるいは色素によって直接着色したものなどもある。」
(引用ここまで)

ふーむ。これによると、

1、人が造ったもの以外は、全て天然石。
2、「パワーストーン」として原価と釣り合わない市販品があるので注意。
3、天然石の中でも、処理によって色合いを変えたものがある。

ということのようですね(‘ω’)
皆さんは「天然石」にどんな響きを感じますか?
スタッフSは「綺麗、身に付けて気持ち良い」を大切にしています。

ワイヤーアートで編み込むと、素敵なアクセサリーが出来上がります。
せっかくなら長く身に付けたいですよね。
その時に気持ち良いか、納得できるか、で判断しています。

ですから、海辺で拾った丸い石を編み込むこともありますよ!
ご本人が「いいな」と思ったら、それがベストの選択なのかな、と思います。

とはいえ、「色合いを変える」のも気になりますよね?
次回はアクアオーラを調べてみましょう!(^◇^)